治療はもちろん、予防にも利用できるインフルエンザ治療薬【リレンザ】についてご紹介します。リレンザは副作用の報告が少なく、即効性の高さも人気となっていますので、インフルエンザ感染前にご自宅に常備しておくと良いでしょう。

リレンザで予防!インフルエンザ対策

熱性けいれんの防止にリレンザと外気清浄機の活用

インフルエンザに感染すると高熱を主な症状として寒気や頭痛、関節痛、吐き気などの様々な症状に苦しむことになってしまいます。自然治癒が可能な感染症であるとはいえ、一日でも早く治りたいと思うのが常であり、多くの人が治療薬を求めてきました。リレンザが市場に現れたことによってそれが実現可能になり、大きな注目をあびるようになっています。リレンザは吸入薬として使用するインフルエンザ治療薬であり、高熱などの症状が生じてから48時間以内に使用を始めることによって症状がなくなるのを1日から2日程度早める効果があるとされています。吸入薬という都合上、うまく吸引することができる人に使用が限られてしまい、呼吸器系疾患を持つ人や小さな子供、高齢者にはしばしば都合が悪い場合があります。しかし、その有効性の高さから広く用いられています。小さな子供の場合にはインフルエンザによって熱性けいれんを起こすこともあります。熱性けいれんは6歳以下の子供が高熱を出したときに起こることがある痙攣です。熱性けいれんを起こさないためには少しでも早く高熱から寛解させることが重要であり、リレンザが使用可能であれば使用し、吸引が難しいようであれば飲み薬を使用するといった選択が大切になります。一方、予防も重要な観点であり、特に小さな子供に対しては外気清浄機を使用してよい空気の環境を作ることが効果的です。外気清浄機を使用することによって少なくとも空気感染は予防することが可能だからです。加湿機能のついた外気清浄機であればよりウイルスが生存しにくくなり、期待される効果も高まります。そういった環境整備から始めるのが子供のインフルエンザ予防に良い方法です。