治療はもちろん、予防にも利用できるインフルエンザ治療薬【リレンザ】についてご紹介します。リレンザは副作用の報告が少なく、即効性の高さも人気となっていますので、インフルエンザ感染前にご自宅に常備しておくと良いでしょう。

リレンザで予防!インフルエンザ対策

吐き気があっても使えるリレンザと都市部での予防方法

インフルエンザは全国的に毎年蔓延して社会問題となる感染症の一つです。38度を越えるような高熱がでるのが特徴であり、それに加えて頭痛や節々の痛み、吐き気や下痢などの多様な症状が出ることから恐れられています。リレンザはその治療薬として用いられているものであり、独特の吸入器で使用できる吸入薬です。インフルエンザ治療薬の剤形としてリレンザのような吸入薬の他にもカプセル剤やドライシロップ剤、点滴薬のものがあります。いくつかのインフルエンザ治療薬が開発されてきたことによって、流行しているインフルエンザの種類や患者の特性によってうまく使い分けることが大切となっています。リレンザは吸入薬であることから、うまく吸い込むことができない場合がある子供や高齢者にはあまり好まれません。一方で、インフルエンザの症状として吐き気がありますが、そういった症状がある場合にはカプセル剤やドライシロップ剤は吐き出してしまうリスクがあります。そういったときに役立つの吸入薬であるリレンザなのです。吐き気があるときには点滴薬も有効であり、うまく使い分けることで確実に効果を発揮することができます。都市部では人が密集することから、予防の目的でリレンザを利用したいという人も多くなっています。特に都市部の電車や繁華街は日常的に混みあうことが多く、シーズンになるとインフルエンザの感染リスクが高いのは事実です。しかし、リレンザは医療用医薬品であるため、薬局で気軽に購入することはできません。必要な場合には通信販売によって個人輸入を行うことで手に入れるというのが手段として挙げられます。都市部で必要時に予防をしたいと考えたらそういった選択肢もあるのです。