治療はもちろん、予防にも利用できるインフルエンザ治療薬【リレンザ】についてご紹介します。リレンザは副作用の報告が少なく、即効性の高さも人気となっていますので、インフルエンザ感染前にご自宅に常備しておくと良いでしょう。

リレンザで予防!インフルエンザ対策

乾燥時に付着物から感染するインフルエンザにリレンザ

リレンザが世の中に出回るようになったことでインフルエンザの治療が比較的容易に行われるようになりました。吸入薬であるリレンザはその使い方に慣れないと少し違和感を感じる人も少なくはありません。しかし、水がなくても使用することができるため、調剤薬局でリレンザを手に入れたらすぐにその場で一回目の使用をすることができるという点が魅力になっています。発症後、できるだけ速やかに一回目の使用を開始した方がより効果があると期待されるからであり、飲み薬よりも吸入薬を望む人も見られるようになってきています。また、吸入薬であることにより、インフルエンザウイルスの侵入経路である喉に直接薬を向けられるというイメージも多くの人に魅力を感じさせているものです。インフルエンザウイルスの感染経路として飛沫感染や空気感染があり、喉の粘膜を通過して侵入するのが一般的です。空気が乾燥していると喉の粘膜も乾燥してしまってバリアとしての機能が弱まり、感染されやすくなってしまうという状況が生まれます。冬の乾燥した時期に流行しやすいのはそういう原因もあるのです。一方、インフルエンザウイルスが付着したものに触れた手指から口や目などを経て感染する経路もあります。ウイルスはものに付着してから長く生きていることはできませんが、乾燥した空気の中では寿命が長いため、より接触感染のリスクも高まります。付着物からの感染では喉を経由しない場合もありますが、他の感染経路では大半が喉からの感染になります。そのため、吸引によって有効成分を届けることのできるリレンザはウイルスに抵抗する身体に援軍を送るようなイメージを持ちやすく、患者にとって好印象があるのです。