治療はもちろん、予防にも利用できるインフルエンザ治療薬【リレンザ】についてご紹介します。リレンザは副作用の報告が少なく、即効性の高さも人気となっていますので、インフルエンザ感染前にご自宅に常備しておくと良いでしょう。

リレンザで予防!インフルエンザ対策

リレンザの使用法と換気と加湿について

インフルエンザの治療薬として広く用いられるようになっているのは、ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれるものです。これはインフルエンザウイルスが持っているノイラミニダーゼという酵素の機能を抑制することによって、その増殖を抑制するというのが基本的なメカニズムとなっています。その特性から使用法に注意点があるのが特徴です。基本的にはウイルスの増殖を抑制することで、人が持つ免疫系の力でウイルスを退治するのがノイラミニダーゼ阻害薬の治療方法であり、ウイルスの増殖期に使用するということが効果を得るために必要なことになります。そのため、高熱などの自覚症状が出てから48時間以内に一回目の使用を行うということが必要となるのが使用法の特徴です。リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬の一つであり、吸入薬として広く用いられています。リレンザは独自の吸入器を用いて使用することから、その使用法にも注意が必要です。薬剤をセットして吸引するだけの簡単なものですが、強く吸引しすぎると咳き込んでしまったりするリスクがあるので、処方してもらった際に使用法の説明をきくことが大切です。リレンザによってインフルエンザの治療は容易になりましたが、インフルエンザには感染しにくいような環境を作ることで予防をしていくことが大切です。換気を行ってウイルスのいる可能性がある空気を入れ替えるということは重要であり、人が集まる場所ではこまめな換気をすることが予防策になります。しかし、換気を行うと冬の乾燥した空気が入ってしまい、ウイルスにとって生存しやすい状況が生まれます。そのため、加湿器を用いて湿度を適切に保つということも重要であり、換気と加湿をバランスよく行っていくことが大切です。